出荷費用・保管費用について | アパレル・雑貨専門の出荷代行サービス マツダ株式会社

This is an example of a HTML caption with a link.

cost-banner

マツダ出荷代行のコストは出荷費用と保管費用だけ!
システム使用料・事務手数料など他の費用は一切発生致しません。
@¥400~の出荷送料込み費用と月々@¥900~の保管料のみ!
初期費用・システム利用料なども一切不要で出荷代行を承っております。
*各種オプションは別途費用となります。

 

出荷費用は1個あたり@¥400~とさせて頂きます。
詳しくは下記の出荷費用一覧をご確認ください。
1個あたり100cm(10kg)以上の商品に関しましてはお問合せください。

 

- 福山通運 -

 

サイズ/地域
南九州
北九州
四国
中国
関西
北陸
東海
新越
関東
関東
南東北
北東北
北海道
北海道
熊本県
福岡県
徳島県
岡山県
滋賀県
富山県
岐阜県
新潟県
埼玉県
茨城県
宮城県
青森県
札幌市内
北海道
宮崎県
佐賀県
香川県
島根県
京都府
石川県
静岡県
山梨県
千葉県
栃木県
福島県
岩手県
 
 
鹿児島県
大分県
愛媛県
鳥取県
大阪府
福井県
愛知県
長野県
東京都
群馬県
 
秋田県
 
 
長崎県
 
高知県
広島県
兵庫県
 
三重県
 
神奈川県
 
 
山形県
 
 
 
 
 
山口県
奈良県
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和歌山
 
 
 
 
 
 
 
 
 
60cm以下・2kg以下
¥500
¥450
¥400
¥400
¥400
¥400
¥400
¥400
¥400
¥400
¥600
¥700
¥900
¥900
80cm以下・5kg以下
¥780
¥630
¥580
¥580
¥530
¥580
¥580
¥630
¥630
¥680
¥950
¥1,100
¥1,330
¥1,430
100cm以下・10kg以下
¥830
¥680
¥630
¥630
¥580
¥630
¥630
¥680
¥680
¥730
¥1,000
¥1,150
¥1,380
¥1,450

 

 

※沖縄は佐川急便のみ対応(離島の場合は中継料が発生致します。)
※上記の費用には送料・ピッキング・段ボール・梱包資材など全ての出荷費用が含まれております。
※同梱発送される場合は1個あたり¥30が発生致します。

 

- 佐川急便 -

 

サイズ/地域
沖縄  【航空便】
沖縄  【船便】
南九州
北九州
四国
中国
関西
北陸
東海
新越
関東
南東北
北東北
北海道 【船便】
北海道 【航空便】
 
 
熊本県
福岡県
徳島県
鳥取県
滋賀県
富山県
岐阜県
新潟県
茨城県
宮城県
青森県
 
 
 
 
宮崎県
佐賀県
香川県
島根県
京都府
石川県
静岡県
長野県
栃木県
山形県
岩手県
 
 
 
 
鹿児島県
長崎県
愛媛県
岡山県
大阪府
福井県
愛知県
 
群馬県
福島県
秋田県
 
 
 
 
 
大分県
高知県
広島県
兵庫県
 
三重県
 
埼玉県
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山口県
奈良県
 
 
 
千葉県
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
和歌山
 
 
 
東京都
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
神奈川県
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
山梨県
 
 
 
 
60cm以下・2kg以下
¥680
¥1,100
¥830
¥630
¥580
¥530
¥480
¥530
¥550
¥580
¥630
¥870
¥980
¥1,600
¥780
80cm以下・5kg以下
¥1,620
¥1,130
¥850
¥650
¥600
¥550
¥500
¥550
¥570
¥600
¥650
¥850
¥1,000
¥1,650
¥1,750
100cm以下・10kg以下
¥2,130
¥1,180
¥900
¥700
¥650
¥600
¥550
¥600
¥630
¥650
¥700
¥900
¥1,030
¥1,700
¥2,650

 

※沖縄は佐川急便のみ対応(離島の場合は中継料が発生致します。)
※上記の費用には送料・ピッキング・段ボール・梱包資材など全ての出荷費用が含まれております。
※同梱発送される場合は1個あたり¥30が発生致します。

 

出荷先が個人ではなくショップや法人・物流倉庫などの定期発送であれば
さらにお安くご提供させて頂きます。詳しくはお問合せくださいませ。

 

【 保管費用について 】

 

マツダでは代引きの代行回収もご対応させて頂いております。
代引き決済の場合は既に代引契約をお済みのお客様は「出荷先登録」を行なって下さい。
出荷先登録とは、代引契約がすでにお済のお客様に必要な登録です。
運送費は物研に請求が来るようになり、商品代金のみお客様のご指定の口座へ、振り込まれるサービスとなっています。
店舗様・法人様への出荷はさらにお安い価格をご用意しております。
定期的に出荷がある場合は出荷先コードで入力の手間を省くことが可能です。

 

 

 

 

【 保管費用について 】


保管費用は保管サイズにより異なります。
詳しくは以下をご覧ください。

 

【例】たとえばカバンを以下①~⑤箱=1000個分を保管したとします。
箱のサイズは以下の5箱だった場合は


①②70cm×50cm×50cm=2箱
計算式)70×50×50÷300=\583.3→¥583×2箱=¥1166(月額費用)

--------------------------------------------------------------

③④80cm×70×40cm=2箱
計算式)80×70×40÷300=¥746.6→¥746×2箱=¥1492(月額費用)

--------------------------------------------------------------

⑤100cm×50cm×50cm=1箱
計算式)100×50×50÷300=¥833.3→¥833×1箱=¥833(月額費用)

【合計】¥1166+¥1492¥+¥833=¥3491(月額費用)

1個あたりの保管費用は@¥3.4となります。

--------------------------------------------------------------

※算出された保管の小数点は切り捨てとなります。
※保管費用を算出する際の300は定数となります。
※mm以下の長さは切り捨てとなります。

 

商品の受け入れ日の翌日を起算日とします。
そこから保管費用の1月分を日数で割出しその月の実質使用分をご請求させて頂きます。
リピート商品や薪商品など新たに受け入れる場合も同様の計算方法となります。
こちらの保管費用は出荷などでスペースがことなりますので月末に1回見直しを図り
そちらの費用を次月の保管費用とせて頂きます。
(次月の保管費用は毎月5日までにお送りしますご請求書にてご確認頂けます。)

 

【 保管費用の起算日について 】


商品の受け入れ日の翌日を起算日とします。
そこから保管費用の1月分を日数で割出しその月の実質使用分をご請求させて頂きます。
リピート商品や薪商品など新たに受け入れる場合も同様の計算方法となります。
こちらの保管費用は出荷などでスペースがことなりますので月末に1回見直しを図り
そちらの費用を次月の保管費用とせて頂きます。
(次月の保管費用は毎月5日までにお送りしますご請求書にてご確認頂けます。)

 

 

お支払いは、毎月末締めの翌25日のお支払いでお願いしております。
ご請求書は翌5日までにメールにてお送りさせて頂きます。

こちらのメールで手数料無料でクレジットカード決済もご対応しております。
*紙のご請求書が郵送にて必要な場合は別途@¥150必要となります。
(メールでのご請求書発行はもちろん無料でお送りさせて頂きます。)
解約についてはこちらでご確認頂けます。

 

 

【 ラッピング費用 】


商品の受け入れ日の翌日を起算日とします。
そこから保管費用の1月分を日数で割出しその月の実質使用分をご請求させて頂きます。
リピート商品や薪商品など新たに受け入れる場合も同様の計算方法となります。

 

【 納品書・ご請求書同封 】


商品の受け入れ日の翌日を起算日とします。
そこから保管費用の1月分を日数で割出しその月の実質使用分をご請求させて頂きます。
リピート商品や薪商品など新たに受け入れる場合も同様の計算方法となります。

 

【 検品(ラベル・値札などの取り付け)検針費用 】


商品の受け入れ日の翌日を起算日とします。
そこから保管費用の1月分を日数で割出しその月の実質使用分をご請求させて頂きます。
リピート商品や薪商品など新たに受け入れる場合も同様の計算方法となります。

 

【 ご請求書郵送サービス 】


商品の受け入れ日の翌日を起算日とします。
そこから保管費用の1月分を日数で割出しその月の実質使用分をご請求させて頂きます。
リピート商品や薪商品など新たに受け入れる場合も同様の計算方法となります。

 

 

【 段ボールについて 】


通常に出荷する際に必要な段ボール資材などは全て無料となります。

オリジナルで段ボール作成が必要な場合が御座いましたらお問合せください。

お安くご提供させて頂きます。(マツダの出荷アイテムは)

 

【 クッション材について 】


商品の受け入れ日の翌日を起算日とします。
そこから保管費用の1月分を日数で割出しその月の実質使用分をご請求させて頂きます。
リピート商品や薪商品など新たに受け入れる場合も同様の計算方法となります。